アマゾンマーケットプレイス

ここでは、「アマゾンマーケットプレイス」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマゾンマーケットプレイスで、
週に2?5個ほどの本や、雑誌、CD、DVDを売っています。
今までため込んだ、いらない物を処分しています

アマゾンで扱っている商品であれば、
「アマゾンマーケットプレイス」で出品できます。


アマゾンマーケットプレイスでは、
アマゾンから送料が340円支払われます

その代り、商品代金に応じて、アマゾンに手数料を払わなくてはいけません。

その手数料は、
■本・雑誌  →  180円+商品代金の15%
■CD・DVD  → 140円+商品代金の15%



いらない本を1冊、マーケットプレイスで200円で売ったとします。

送料として340円がアマゾンから支払われます。

アマゾンへ支払う手数料は、180円+200円の15% = 180円+30円 =210円


これらを合計して、
200円(商品代金)+340円(送料)ー210円(手数料) = 330円

合計330円がアマゾンから入金されます


ここで終ったわけではありません

マーケットプレイスは、自分で出品物を発送しなくてはいけません
わたしは、いつもメール便で送ります。

メール便の価格設定は、
■2cm以上 取扱なし (この場合は郵便局のゆうメールで送ります)
■2cm以下 160円
■1cm以下  80円


売れた本を、メール便で発送したとします。
多くの本は2cm以下なので、メール便160円で送れます。
そこで、アマゾンからの入金額から送料を引くと、
330円ー160円 = 170円

この170円が1冊の本からの儲けとなります

雑誌であれば、たいていの雑誌が80円で送れるので、送料が安くなります。
新書であれば、1000円ほどの価格設定でも売れたりします。
CD/DVDは、マニアックなものは、高い価格設定でも絶対に売れます。



価格設定さえ間違えなければ、たいていの商品は売れていきますよ
わたしは、つねに最安値になるように、毎日価格をチェックしています
上記の計算をしたうえで、儲けを計算する必要もありますので、
あまり安い価格にしないように注意が必要です。

でも「BOOK OFF」などに新書を持って行っても、
数十円にしかならなかったりするので、
アマゾンマーケットプレイスで売った方が、楽だし、多少儲かります。

マーケットプレイスで扱っていない書籍(特に週刊誌)もいくつかあるので、
そういう本や雑誌は、ヤフオクで売っています。
それでも売れないものは、「BOOK OFF」行きです。


ちまちまと、メール便を送ることを怠らずに続ければ、
このマーケットプレイスもいい収入源です!

今日も1つ売れたので、
いまから、メール便を出しに行ってきまーす

二度と見ないDVD、二度と聞かないCDは
思い切って、売ってみるべきです!
欲しくなったときは、そのときまた買えばいいのです。
中古品が安価に手に入る世の中なのですから。

そうすれば、本当に必要なものだけが淘汰されて家に残って、
身の回りがスッキリしていくのです。

あ、でも、あまり何でも売らぬように。
本やCD・DVDも、自分の財産ですから。

登録はこちらから
アマゾンマーケットプレイスの登録画面


トップへ戻る
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninpuenjoy.blog66.fc2.com/tb.php/8-93543cad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。